禁煙のための薬、チャンピックス。一度目は病院で処方してもらえますし保険も効きます。ただし、それに失敗してしまうと二度目にチャンピックスを処方してもらう際保険が効かない場合が…!

受動喫煙の民間企業の社会問題とチャンピックスの特徴

民間企業の多くは喫煙所以外での喫煙を禁止にしています。
これは民間企業だけではなく、公共施設や人が多く集まる場所、飲食店などにおいても民間企業と同じく全面禁煙、もしくは喫煙所以外での喫煙を禁止しています。

また、歩行中の喫煙や指定場所以外での禁止にしているエリアも徐々に増えており、煙草を吸う人にとって肩身の狭い思いをしなければならないと言った現象が起きています。

しかし、指定場所以外での禁煙や全面禁煙にする理由は、受動喫煙と言う社会問題が起きているからです。
煙草を手に持っている時に立ち上る煙、煙草を灰皿に置いて在る時に立ち上る煙を副流煙と呼び、副流煙を被喫煙者が吸い込む事で喫煙をしている以上の健康被害を受ける事を受動喫煙と言います。

そのため、喫煙者と非喫煙者を分ける分煙化を進める事で健康被害を防止する事が出来る事からも、禁煙にしている民間企業や施設が増えていると言う事です。

煙草を吸う事で体内にニコチンが入り、その結果、脳内のニコチン受容体と結びついてドーパミンと言う神経伝達物質を分泌させるため、煙草を吸う事でリラックス効果や満足感を味わう事が出来るわけですが、ニコチンが体内から少なくなる事でドーパミンの分泌が行われなくなり、再び喫煙の欲求が高まってしまうなどの理由からも、禁煙を成功させることが難しくなります。

チャンピックスはニコチンを含まない禁煙補助剤であり、禁煙治療薬になります。
ニコチン成分が含まれていませんが、チャンピックスを服用する事で少量のドーパミンを分泌させる作用が在り、禁煙をし易くしてくれる効果を期待出来ます。

また、チャンピックスを服用する事で煙草を美味しくないと感じさせる作用が在るなどの理由からも、禁煙に導いてくれる効果を期待出来、受動喫煙の防止にも繋がると言う事です。