チャンピックスで二度目の禁煙

禁煙のための薬、チャンピックス。一度目は病院で処方してもらえますし保険も効きます。ただし、それに失敗してしまうと二度目にチャンピックスを処方してもらう際保険が効かない場合が…!

二回目のチャンピックスには保険が効かず

タバコは健康に害を与えると言われている事は多くの人が知ってはいますが、タバコを吸ってタバコに含まれているニコチンの中毒症状になってしまうと、たとえ喫煙を止めたいとは思ってはいても禁断症状が現れるのでなかなか止めるのは大変です。そのために禁煙したいと思っていても長続きしなかったという人も多いのですが、本気で禁煙したいけれども止める事が出来ないという人に効果的な禁煙治療薬としてチャンピックスがあります。チャンピックスは禁煙外来を受信する事で処方して貰え、現在は禁煙治療も保険の適用範囲となっているので健康保険が適用されるようになっています。ただ、チャンピックスは禁煙治療薬とはいっても100%完全に禁煙に成功できるという訳では無く、中には途中で服用するのを止めてしまったり、一時的には禁煙に成功しても時間が経ってしまうと再び喫煙してしまう人もいます。そして、二回目以降の禁煙治療を行おうとしてチャンピックスを処方して貰う場合には、気をつけなければならない事が健康保険が適用されないという事です。健康保険が適用されないと全額自己負担の自由診療という事になって、保険が適用された場合と比べるとかなり割高な治療費となってしまうのです。ただ、一度治療を行ったら二回目の時には保険が適用されないというのはかなり厳しいものです。実際には二回目以降でも保険が適用される方法も存在はしており、前回治療を行った際の初診の日から1年経過している場合は保険が適用されるようになっています。つまり、二回目は保険が適用されないというのは正確では無く、前回治療をし始めてから1年も経っておらずにあまりにも短期間でのチャンピックスでの禁煙治療は二回目には保険が適用されないという事です。

チャンピックスの情報は禁煙の森から

無理なく禁煙を成功させる為のサポートになってくるのがチャンピックスという禁煙治療薬です。この薬にはドーパミンを放出させる働きがあるのが特徴であり、それによって離脱症状が起こり難くになります。集中力が低下したり眠くなるなどの離脱症状はニコチン切れによるドーパミン不足が原因ですが、チャンピックスにもドーパミンを放出させる作用がある為、諸々の離脱症状が発生し難くなるのです。チャンピックスにはタバコのおいしさを奪う働きがあるのも特徴です。おいしいと感じるのはニコチンが脳にあるニコチン受容体と結合するのが理由ですが、この結合を邪魔してくれる作用もありますので喫煙をしても美味しく感じられなくなります。つまり吸いたくなった時には喫煙ができますが、しかしおいしさはありませんので自然にタバコが嫌いになって禁煙をすることができるのです。非常に効果の高い治療薬とされていますので使用されるケースも増えているようですが、しかしながら本当に禁煙ができるのか不安を感じてしまうこともあることでしょう。そのような時には禁煙に関しての情報交換ができる禁煙の森を利用してみるのも良いかもしれません。禁煙の森はタバコを止めたいと考える方が集まるコミュニティーサイトですが、様々な情報交換をすることができるのです。ですからチャンピックスの効果について情報を集めてみたり、薬を飲んでいても吸いたくなってしまった時にはどうすれば良いのかなどのアドバイスを求めたりもできます。
禁煙は一人で乗り切ろうと考えると苦労するものですが、こうしたサイトで支え合いながらトライすることで成功率を高めることができることでしょう。禁煙を成功させる為には精神的に強くあることが大事ですので、タバコを止めたいという気持ちを維持し続ける為にも有効な存在と言えます。

チャンピックスと自殺の因果関係

タバコを我慢してニコチン切れ状態になることによって発生することがあるのが禁煙鬱という症状です。その名の通り鬱状態になってしまいますので、例えば絶望感だったり、人生に対して悲観的になる、無気力状態になるなど、精神的にも酷く落ち込んでしまうようなこともあります。さらには自殺を考えるようになるといった深刻な状態に陥ってしまうケースもあるようです。このような鬱状態になってしまうのには理由がありますが、そのひとつにドーパミン不足になるからです。ドーパミンは快楽や幸福感を得る為の大事な物質であり、タバコを吸っているとニコチンの働きによってドーパミンの放出が活発になります。ですからタバコを吸うと落ち込んでいた気分が改善され、良い気分転換になるとして喫煙されていることが多いのです。しかし禁煙をするとニコチン不足になってドーパミンも出難くなりますので気分が落ち込んでしまい鬱状態になってしまうことがあります。タバコを吸うと気持ちが晴れやかになるのなら吸った方が良いように感じられるかもしれませんが、しかしながら禁煙鬱の状態は一時的なものにしか過ぎません。また、喫煙をすることの害は多大であり、タバコを吸うことで健康を害されてしまうのです。タバコは吸わないのが一番良いのは明白ですが、禁煙鬱が発生してタバコが止められない時にはチャンピックスを使用してみるのが良いと言えます。チャンピックスにはドーパミンを放出させる働きがありますので禁煙鬱を抑制する為にも有効です。その為、気分が落ち込んでしまうのを防止することができます。そして禁煙をしていると徐々にドーパミンが自然に放出されるようになりますので、やがてチャンピックスがなくても気分が落ち込み難くなるのです。